白井田七人参の白井博隆さんとは

 

>>無農薬。有機栽培の安全な白井田七。 返品保証つき激安で試せるのはこちら<<

 

 

白井田七人参というのは、「『白井博隆』さんが作った、田七人参」です。
田七人参って何かというと、いわゆる「高麗人参」の仲間である、漢方の原料です。
白井さんの田七ってことで「白井田七」なんですね。よく「白井伝七」というように検索されていることも多いみたいですが、
白井伝七は正しくは田七の表記が正しいです。

 

この白井さんが作った田七人参、と、簡単に言ってしまえばそれだけですが、それがものすごく大変なことなんですね。
というのも田七人参は2000mの高地でかつ、氷点下にならず平均気温が20℃などという気象や地理の問題や、様々な条件が厳しく日本では栽培が成功しておらず、何より、中国政府が、現在でも田七人参の種を国外に持ち出すことを禁止しているため、中国国外で田七人参を作ることが出来ないんです。

 

なので、白井さんは、わざわざ中国で合弁会社をつくって、山を切り開くところから栽培を始めたそうです。
なぜ、そんな面倒くさいことを?と思いますよね。
中国では原料は栽培されているのだから買えばいいじゃないかと私も思いました。

 

ですが、白井さんが中国の現地で見た田七人参栽培の現場は、農薬まみれだったそうです。。。
、「田七人参」というのは、中国でもとても人気のある生薬であり、高値で取引されるため、少しでも多く、少しでも早く収穫することがお金に直結します。

 

白井さんは、ご実家が長野県の農家なので、そういう光景にはなにか、とても感じることが多かったんだそうですね。

 

白井さんのお話はまだまだあるのですが、私もこの白井さんの本を読んで知りました。
詳しくはこちらでどうぞ↓